ジェネリック医薬品「カマグラゼリー」の人気に迫る!

  1. ジェネリック医薬品「カマグラゼリー」の人気に迫る!   >  
  2. ジェネリック医薬品〜成り立ち

ジェネリック医薬品〜成り立ち

医療費イメージ

新しいくすりのカタチとして話題を呼んでいる『ジェネリック医薬品』。カマグラゼリーをはじめとする多くの医薬品が関わっているその薬の成り立ちについて解明しましょう。じつは我々と関係が深いジェネリック医薬品の誕生秘話が関係しているのです。

薬には「新薬」と、新薬と同じ有効成分を配合しながら薬価(国が定めている薬の価格)が大幅に低い「ジェネリック医薬品」の2種類があります。

新薬とはその名の通り、新しく開発された薬で「先発医薬品」とも呼ばれます。新薬が発売されるまでには十数年もの長い研究期間と何百億円という膨大な費用がかかっています。そのため特許を出願してから20〜25年間は、開発した製薬会社が独占的に製造して販売することができ、その間、有効性や安全性を確認するための調査や再審査も行われます。

それらが終了すると、その有効成分は国民共有の財産とみなされ、ほかの製薬会社も、厚生労働省の承認を得れば、同じ有効成分の薬を製造し販売することができるようになります。これが、ジェネリック医薬品です。「後発医薬品」とも呼ばれ、研究開発にかかる期間も新薬に比べ3〜5年と短く、開発費用も格段に安くすむため、新薬と同じ有効成分を含んでいながら、価格を新薬の3〜7割と低く設定できるのです。

ただし、薬の特許には有効成分の特許以外にも、製法特許や製造特許があり、これらの特許が切れていなければ同じ添加物を加えたり、同じ製法で製造したりすることはできません。そのため、ジェネリック医薬品の中には、添加物や製造法などが新薬と異なるもの、剤形や味、においが異なるものなどもあります。したがって、新薬とまったく同じというわけでなく、「おおむね新薬と同じ薬」と考えてください。