ジェネリック医薬品「カマグラゼリー」の人気に迫る!

  1. ジェネリック医薬品「カマグラゼリー」の人気に迫る!   >  
  2. カマグラゼリーの注意点

カマグラゼリーの注意点

幻覚のイメージ

ED治療薬はカマグラゼリーをはじめEDに対して良好に作用してくれるとは限りません。その日の体調などにより副作用が併発する恐れが考えられるのです。そのためには、副作用などカマグラゼリーの注意点を意識する必要があります。

カマグラゼリー服用後、30〜40分後くらいに効果が出始め、それと同時に「顔のほてり」「目の充血」がほとんどの方にありますが、これらは服用した方の9割以上の方に付随する副作用です。ですので、あまり心配なされず、効果の発現の合図として捉えていただくとよいでしょう。

カマグラゼリーは血管拡張作用があるのでお酒を飲んだ時のような「顔のほてり」「目の充血」がどうしても出てしまいます。また血管拡張することにより血圧も2〜3ほど下がります。服用後に血圧が上がると思っていらっしゃる人も多いので念の為記載しておきます。

その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」や、光に過敏になり色が変化して見えたりすることなどもありますが、作用している4〜6時間で症状がおさまるようであれば、あまり気になされなくても大丈夫です。頭痛がひどいようであれば、ロキソニン・イブ・バッファリン等の頭痛薬を使用されても問題ありませんので、一緒に使用するとよいでしょう。

食事と一緒に服用する場合は、なるべく空腹時に服用することをお勧めいたします。食事をする場合は、食事の前の空腹時にカマグラゼリーを服用して薬の成分を体に吸収させてしまえば、その後お食事をしても影響はございませんので、食前30〜40分前に服用するのも効果的です。やむを得ず食後に服用する場合は、なるべく脂っこいものをさけ、比較的あっさりしたものを腹7分目くらいにおさえて、その後2時間くらいは時間をあけてから服用するようにしてください。